FC2ブログ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昭和44年当時の赤坂 ①

  • 2018/08/29(水) 19:57:02

先日、店にある古い資料を片付けていた際に、
古い「東京赤坂組合名簿」なるものを見つけました。

 組合 IMG_0492.jpg    

昭和448月発行とあります。

今から約50年前のもの。
私が昭和48年生まれですので、生まれる4年前。

読んでみると、なかなか興味深い内容がいろいろありましたので、シリーズ化してご紹介。

今回はその第一弾。


①赤坂の組合の規模が かなり大きい


当時の 料亭、置屋、芸妓、その数ざっと数えてみました。


 ■昭和44年当時の組合員
 (カッコ内は平成30年時点、吉の家調べ)


    料亭  39 軒  4軒  写真ご参照)

    置屋 114 軒  3軒??)

    芸妓 296 名  22人~)

これよりもさらに昔、ピーク時の赤坂は、料亭50軒以上、芸妓400名以上だったと言われています。

 ■現在も続く赤坂の料亭 4軒



 浅田 つる中
  浅田               つる中

 金龍 佐藤
   金龍              佐藤


20数年前くらいまでは、夕方になると、きれいなお着物をお召しのお姐さん方を赤坂の街角で見かけることが多くありました。


当時は、自宅、見番、料亭、置屋、全てが赤坂にあることが多く、それぞれを忙しく行き来されていました。 狭い一方通行の両側にハイヤーが停まる風景が日常で、料亭間の移動では、人力車を普段から使っていたのも印象に残っております。

料亭文化には、和の設え、お料理、お花、芸事や嗜み、教養、お作法、おもてなしの心、などなど、いろいろな要素が詰まっています。
 

そんな日本文化の象徴のような場が少なくなっているのはとても残念ではありますが、一流の気概は何とか残していただきたいと切に願います。

当時のお店の広告も載っていましたので、次回はそちらについて。

スポンサーサイト

赤坂の名料亭 口悦さんの歴史に幕

  • 2017/04/02(日) 11:36:50


2017年3月31日、赤坂の名料亭、口悦さんがその歴史に幕を下ろしました。

IMG_1601_convert_20170403172736.jpg IMG_1607_convert_20170403175654.jpg
料亭らしい佇まい / いつもお邪魔していた勝手口


歴代の総理大臣はもちろん国会議員の先生方、各界のトップの方々が利用されていた料亭です。

私も前の道を通った際、何度か(元、前)総理大臣の方々お見かけしたことがあります。

一流の皆様に愛された名料亭の歴史的な日に、お姐さん方からお届け物のご用命をいただきお邪魔致しました。
(当然、勝手口から)

外には黒塗りの車が何台も停まっていて、すでにたくさんのお客様がお座敷に上がられていたことと思います。

お邪魔した控えの間は、いつもとは違う独特の緊張感に包まれていました。

準備に動かれる女性の皆様も素敵なお着物をお召しになっておいでで、活気に溢れながらも、どこか寂しげな印象でした。

女将、芸者衆のお姐さん方皆様もご準備をされていていましたが、張り詰めた空気もあり、こちらがあらためてご挨拶するのも憚られる雰囲気でした。

多分、これから大切なお客様のお座敷へ最後のご挨拶に行かれるところだったのかと思われます。

日本の歴史を刻んできた名料亭がなくなってしまうのは、とても寂しく残念でなりません。

とはいえ、そのような大切な日に、僅かながら関わらせていただけたこと大変光栄に思います。

小雨降る天気もあり余計に感傷的になってしまいました。

今年も 赤坂をどり2017(3/10、3/11) に出店!!

  • 2017/03/01(水) 19:10:17


お着物でお運びの女性の皆様に、 「酉年干支の手拭のプレゼント」!!

3/10(金)、3/11(土)の2日間、
恒例の赤坂をどりが、赤坂ACTシアターにて行われます!

赤坂をどりチラシ表 赤坂をどりチラシ裏

今年も、私ども 和装小物 赤坂吉の家 は、
赤坂をどり2017 開催期間中、会場内ロビーに出店させていただきます。
(赤坂をどり公演チケットをお持ちの方に限り、入場できるエリアとなります。)

----------------------------------------
今回の出店にあたり、赤坂をどりならではの素敵な品々を赤坂をどり特別価格にて
ご用意いたしました。 赤坂をどり鑑賞のおみやげとしてもご利用ください。

 ◆和装用バッグ
   利休バッグ、お稽古バッグ、
 ◆帯揚、冠(ゆるぎ)の帯締伊達締め、腰紐
   「吉の家の真骨頂!」 正絹、綸子、絞りとび柄、博多織
 ◆天紅の扇子
   今回の赤坂をどりでも赤坂芸者衆のお姐さん方にお使いいただいている逸品
 ◆和装小物類 各種
   巾着、ポーチ、小物入れ、スマホケースやペットボトルケース、ティッシュケース
----------------------------------------

今回も昨年に引続き、お着物をお召しの女性の皆様に、
「酉年干支の手拭のプレゼント」をご用意してお待ちしております。

皆様、是非お着物でお運び下さいませ。

藤葉会を観に国立劇場へ

  • 2016/11/15(火) 13:18:14

前回、私と(自慢の)家内が店に入ったことをブログにUPしましたが、なんと6000人以上の方々にご覧いただいていることがわかりました。 控えめにやっているつもりが、ネットの発信力にはつくづく驚かされます。

さて、13日の日曜日は、家内と二人で国立劇場にて行われた藤間流の踊りの会、藤葉会を観てまいりました。
赤坂、芸者衆から、ふみ香さん、こいくさん、明日香さん、育子さん、真希さん、真由さん(今回の出演順)のお姐さん方がご出演。 踊りに詳しくない私が観ても、皆さんとても艶やかで素敵でした。 舞台の写真を撮れないのが何とも残念です。 この良さを今回鑑賞されなかった方々にもお見せしたいと感じました。 

IMG_0978.jpg

◆演目(赤坂のお姐さん方のみ)
  新鹿の子   ふみ香さん
  藤娘      こいくさん
  操三番    明日香さん
  連獅子    育子さん、真希さん、真由さん


感想をひと言だけ。 何様だ? となりそうですが…。

ふみ香さんは藤葉会初舞台とのこと驚きですが、振出し笠を回して華やかで綺麗でした。 

こいくさん、娘役が本当にお似合いで、とにかくかわいい。 

明日香さんの操り人形役はまるで本物、ジャンプなどの激しい振り、見るからに難しい演目をこなされ圧巻。 この日一番の拍手を浴びていたのではないでしょうか。 

育子さん、真希さん、真由さんのお三方、獅子の精に扮しての毛振りは正に壮観。
真由さんは、女性らしさが最高。しぐさ表情が何とも言えず嫋やかでした。 
真希さんは、男役。難しい役と思いますが、力強さも加えての熱演とても格好良かった。 個人的には真希さんの女性らしい可愛らしさが好きですが…。
育子さんも激しく頭振っていました。 静かな踊りとのメリハリ対比はさすがです。 叙勲後もますますパワフル。 スゴイ!

お姐さん方には普段何気なくご来店いただいておりますが、舞台で踊られる時のオーラはさすがです。 さらに終演後は、皆さん私どもにまでご挨拶に来てくださいます。 本当に丁寧で、一流の応対って、こういうところなんだなあといつもながら頭が下がります。

IMG_0981.jpg

素晴らしい舞台を観せていただき、とても清々しい一日でした。

家内は興奮冷め遣らず、家に帰って頭を振り回し、毛振りをやっています。 途中から「しもしも~」とか言って別のモノマネになっていますが…。

料亭の造り

  • 2016/04/13(水) 16:46:42

■五代目、倅(せがれ)の余談■

赤坂で生まれ育った私にとって赤坂の高級料亭は小さい頃から身近な存在でした。
お座敷でお食事をということではありませんでしたが…。
料亭の前で、○○総理だ、とか、○○大臣だ、と何度かお見かけもしました。
記者の方が出待ちをしていることもしばしばでした。

その料亭のシステムで良く聞くのが、
廊下が入り組んでいて、別のお座敷に上がられているお客様と鉢合せにならないということ。
誰と誰が会って話しているのかわからないようにいろいろと工夫されています。
これは有名なお話し。

そこで、今回は、「車での出入り」 について、前回のブログでも書きました料亭川崎のお話し。

料亭は、2本の通りに面していて、裏表どちらからも出入りできるというのが、一般的。
ポイントになるのが、車寄せ。

この車寄せが、直接道路に面していません。
敷地内に、表通りと裏通りをつなぐ、車が通れる通路があります。
そして、乗り降りする車寄せは通路の奥にあって、通りからは見えません。

この通路、通りに面したところには戸がついていて、戸を閉めると通りから遮られます。(格子戸になってたような…?)
表裏どちらの通りにも出入りができて、黒ガラスやカーテン付きのハイヤーで出入りすると、誰が入ったのか、誰が出たのか全くわかりません。
すごいですよね。 この仕組み。

非常時(?)には勝手口からでも出入りが可能です。
実例は聞いたことありませんが、長い歴史の中には、勝手口から密かに出入りされたこともあったのではないかと想像します。
「その時歴史が動いた」、瞬間があったと思うと、なんだかワクワクしてきます。

VIPの皆様、赤坂料亭をご贔屓に・・・。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。