FC2ブログ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【千客万来】赤坂をどり2016終幕

  • 2016/03/23(水) 19:03:54

赤坂をどり(3/20、21)大盛況のうちに終了いたしました。

先日のブログにも掲載しましたが、今回、赤坂をどり会場にて赤坂吉の家も出店いたしました。関係の皆様からのお声がけがあり、毎年出店されている赤坂の老舗3軒のお仲間に入れていただくことができました。

今回が初めての出店のため、いろいろと手さぐりでの準備となりました。
前日の資材搬入では、用意した看板やポップが小さく見えないことが判明!! その晩、急遽大きいものに作り直し、初日の朝に差し替え。 

20160321_130201000_iOS_convert_20160323190649.jpg
■倅(せがれ)は初の着物で若旦那…。 出店した店頭で働き者の若女将と。


販売を予定していた吉の家特製付帯(つけおび)はスペースの関係で割愛。

また、初日の営業を開始してみると・・・、
想定以上に大勢のお客様がご来店され、小物類やバッグなどが品不足となってしまいました。 その結果、初日終了後、4人(倅(せがれ)夫婦と家内と私)で、店に戻って追加商品を準備することとなりました。 

20160323_081802698_iOS_convert_20160324122209.jpg
■着物をお召しのお客様にこちらの手拭い(ほか数種類)を差上げました。



出店営業中もお客様からご要望いただいた商品を店まで取りに行ったりと、嬉しい悲鳴の連続でした。 若女将(倅(せがれ)の嫁)は合間だけで、会場と店の間を5往復くらいしていました。

休憩時間には、「ロビーでは(和菓子、お酒)和装小物の販売も…。」との場内放送までしていただいたのもありがたい限りでした。 
本当にありがたい、ありがたいと、吉の家一同、感謝、感謝の2日間でした。

浅田 口悦 20160321_160039853_iOS_convert_20160324130346.jpg
■お昼は贅沢させてもらい浅田さんと口悦さんの高級お弁当。 食後は塩野さんのどら焼き。
(柿山さんのおかきは事前に。 四方さんのお酒はお仕事中のため自粛…。)



この度の赤坂をどり会場での出店におきましては、浅田さん、赤坂芸者衆のお姐さん方をはじめ、関係の皆様に大変お世話になりました。 感謝御礼申し上げます。 また、ご来店いただきました皆様、誠にありがとうございました。 今後ともよろしくお願いいたします。



スポンサーサイト

直前!!赤坂をどり開催、出店

  • 2016/03/19(土) 18:04:55

【赤坂をどり 出店!】
明日、明後日(20日、21日)は赤坂をどりの会場となる赤坂ACTシアター内、赤坂吉の家も出店いたします。
先ほど、資材搬入、出店準備を終えて来ました。 

ホールステージではリハーサルが行われていてその熱気と緊張感が伝わってきました。 遠目で、モニターで、お姐さん方のお稽古姿も拝見しました。 店に戻って、しばらくして、赤坂をどりに出演されるお姐さん方から、『○○を楽屋まで届けてもらえますかー。』 とのお電話が・・・。 私どもにとりましては、赤坂をどりをやっているなぁ、と実感する恒例のワンシーンです。 テンションが上がります。

20160319_053312961_iOS_convert_20160319171851.jpg

さて、私どもも出店スペースを直接確認したのは今日が初めてでしたので、試行錯誤の連続でした。 これから、明朝の微調整に向けて準備をするところです。 準備途中ですが、出店スペースの写真を載せておきます。 さらなるパワーUPをしておりますので、お越しになる皆様は楽しみにいらして下さい。

また、ブログでもご案内しておりますが、両日とも特典をご用意いたします。
赤坂をどり出店時の過去ブログ


なんと、
「和服をお召しの女性のお客様」に「申年干支をあしらったガーゼ手拭い」をプレゼント。


和菓子の塩野、おかきの柿山、お酒の四方 の3店の左奥(柱をはさんでその奥)に出店しております。 是非、お着物をお召しになってお運びください。

赤坂をどりに出演する吉の家のカワイイ脇役達

  • 2016/03/16(水) 16:00:00

いよいよ、今週末に迫った、第54回赤坂をどり。
赤坂芸者衆の皆様方にとって晴れの舞台であるのはもちろんですが、長く赤坂をどりに関わらせていただいた私ども吉の家にとっても緊張の晴れ舞台です。
開催時に出店させていただくことになった今回はなおさらのこと、緊張いたします。

さて、そんな赤坂をどりですが、吉の家自慢の逸品達もお姐さん方とご一緒に、舞台に上がらせていただいております。

今回はその中でも、「天紅の扇子」を紹介させていただきます。
 赤坂吉の家特製天紅の扇子

踊り用にお使いになる天紅の扇子。
9寸5分(約29㎝ )と一般のものより大振りな扇子

赤坂のお姐さん方とお作りを相談させていただき、寸法9寸5分の10間白骨、かなり丈夫な扇で仕上りました。
天紅は暈し(ぼかし)を入れて・・・。

赤坂吉の家特製 天紅の扇子

吉の家特製の扇を赤坂をどりに出演される赤坂芸者衆の皆様にお納めしております。
お姐さん方の踊りとともに私ども吉の家のカワイイ脇役達にも少しだけ注目してやっていただけませんでしょうか。

今回、遠出で出演される浅草の皆様と、赤坂の皆様、衣装にも少しずつ差があるようです。
赤坂芸者衆の皆様は昔から他の花街と比べて派手なことで知られています。
そのような衣装の違いに注目して赤坂をどりをご覧になるのも楽しみのひとつかもしれません。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。